インテリアコーディネーター試験内容


インテリアコーディネーター試験内容についてですが、
インテリアコーディネーター試験は



一次試験(筆記試験)



二次試験(論文・プレゼンテーション試験)


に分かれています。

一次試験に合格しないと、二次試験を受けることはできません。



一次試験の筆記試験は、分野が2つあり、
販売編と技術編があります。
どちらの分野も合格点に達していないと、一次試験合格とはなりません。
以下に、インテリアコーディネーター試験一次試験の試験内容を
記載しておきます。


※インテリアコーディネーター試験概要より抜粋


販売編

≪1.インテリア商品・部材≫
主要インテリア商品、インテリア施工関連商品、その他のインテリア商品に
関する基礎知識を有していること。

≪2.インテリア販売≫
マーケティング、流通チャネル、インテリアビジネス等に関する基礎知識を有していること。

≪3.インテリア情報≫
情報の基本、情報の処理、情報システム等に関する基礎知識を有していること。

≪4.コンサルティング≫
コンサルティングの基本、コンサルティング・セールス、プレゼンテーション等の
基礎知識を有していること。

≪5.積算・見積≫
設計図書、仕様書、工事の積算、見積用語等の基礎知識を有していること。

≪6.住環境≫
室内環境(安全・省エネ・環境等)に配慮した商品、廃棄物に配慮した商品、高齢者に配慮した生活空間、バリアフリーを考慮した住空間コーディネート等に関する基礎知識を有していること。


技術編

≪1.住宅構造≫
住宅構造(工法)の種類、構造材料の種類、下地材と下地施工の種類と
特性等に関する基礎知識を有していること。

≪2.インテリア構成材≫
内装仕上材(床・壁・天井)、造作・開口部の種類・特徴と仕上施工の特性、
住宅部品、機能材料等に関する基礎知識を有していること。

≪3.室内環境≫
熱(属性・日射等)、湿気(湿度・結露)、空気(換気・通風)、音(遮音・吸音)、
光(属性・採光等)等に関する基礎知識を有していること。

≪4.インテリア基礎≫
空間計画(各室計画・リフォーム計画)、人間工学、モジュラーコーディネーション、
インテリアの歴史等に関する基礎知識を有していること。

≪5インテリア計画≫
設備計画(衛生・空調・電気・安全設備)、照明計画、彩色計画等に関する
基礎知識を有していること。

≪6.表現技法≫
設計図書、実務基礎、造形の基本(空間構成と造形)、CAD・CG等に
関する基礎知識を有していること。

≪7.関連法規≫
インテリアの関連法規(消費者保護・製品関連・省エネ・環境・販売モラル・建築関連等)
の法規法令の基礎知識を有していること。

<検索ありがとうございます!>
インテリアコーディネーター 独学
インテリアコーディネーター 試験 2011
インテリアコーディネーター テキスト おすすめ
インテリアコーディネーター 合格ライン
インテリアコーディネーター 参考書 お勧め

スポンサードリンク


posted by 独学・通信講座でインテリアコーディネーター at | インテリアコーディネーター試験情報・概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くりっく365比較 HOME
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。